お知らせ

食養生・早春

2017.03.28

春分の日を過ぎましたが、今年は桜の開花も遅れていて、なかなか春の養生法 “早起きしてゆっくり散歩” 気分になれませんね…

そこで、まだ寒さの残る春先にお勧めする「どうぶつ簡単薬膳ごはん」のご紹介です。

 

青紫蘇(大葉)または小松菜をよく洗い、細かく刻んでいつものフードにトッピング。以上で完成です。

「薬膳」というとなんとなく面倒な感じがしますが、これだけでもちゃんと食養生になります。

主な効能は、
・紫蘇(辛温発散=体を温める、邪気を追い出す)
・小松菜(養陰徐煩=体の水分を補う、イライラや不安感を鎮める)

です。

量は(5kgのわんちゃんの場合)、紫蘇なら1〜2枚/日、小松菜なら30 g/日くらいが目安です。
植物オイルと一緒に摂るのもお勧めですので、ごく少量(1日:小匙1/4程度)のオリーブオイルなどをかけてみても良いです。また他に、パセリや青梗菜でもOKです。

 

青菜に慣れないわんちゃんや、特に猫さんは、いきなりは難しいかもしれませんが、その時は火を通したりごく微量から試したりなどしてみて下さい。効能は勿論人間も同じです。同じ食材で一緒に養生できるのは素敵なことだな、と思っています。

 

 

〈ペットの東洋医学診療は京都 長岡京・華葉どうぶつ病院までご相談ください〉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ