お知らせ

柿が赤くなれば…

2017.11.21

11月22日は二十四節気で『小雪』、各地で初雪・初冠雪の便りが届いていますね。
すっかり寒くなりましたが、今年は11月に入ってから好天の日が多かったので、我が家の干し柿が美味しく出来ています。

       

( ↑ 往診先のお家で実った渋柿をいただいて吊るしました!)

 

“柿が赤くなれば医者が青くなる”といわれるくらい、柿は栄養豊富な果物です。
薬膳として生の柿は、食性が『寒性(身体を冷やす)』で清熱・解酒毒・潤肺・止渇といった作用があり、発熱や咳・口内炎・二日酔いに効能があります。
一方、干し柿にすると、食性が『温性(身体を温める)』に変わり、潤肺・渋腸・止血・健脾といった作用があります。咳や渋り腹に効き、疲労回復やエネルギー補給にもおすすめです。

 

柿の利用は果実だけではなく、「柿の葉茶」や「柿渋(未熟な果実から作る)」などがよく知られていますが、なんと柿の実のヘタも立派な生薬なんです。「柿蔕(してい)」といい、効能は胃の降気、いわゆる“しゃっくり”に効くお薬として使われています。良い生薬とされるものは大きさなど規定があるようですが、一番捨てられそうな部分が実は優秀なお薬だったとは驚きでした。
また、干し柿の表面にできる白霜も「柿霜(しそう)」という生薬で、喉痛・咳・口内炎などに効果があるとされています。

 

ちょうど柿が美味しい季節、身体を冷やさないよう食べ過ぎには注意ですが、ご家族からお裾分けを少し貰って、是非一緒に楽しんでほしいです。

 

〈ペットの東洋医学診療は京都 長岡京・華葉どうぶつ病院までご相談ください〉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ