お知らせ

あずきカイロ

2018.01.20

1月20日は「大寒」で、これから立春までの約2週間が、1年で最も寒い時季となります。
寒さが苦手な猫さんや高齢のどうぶつ達だけでなく、元気に走り回っている若いコ達にも案外冷えによる影響はあるものです。前回の「冬の養生法」でお伝えしたように、寒さ対策をしていないと春になってから体調を崩す原因になる事もあるでしょう。
寒さ対策には、エアコンや炬燵・床暖房のほか、夜間やお留守番時には服を着せたり毛布に潜ったり…など色々な方法があって、ご家庭の状況やどうぶつ達の年齢・体調に合わせて工夫されていると思います。そこでお勧めしたいのが、身体にも環境にも優しくて、じんわり気持ち良く温めてくれる「小豆カイロ」です。

布と小豆だけで簡単に、そして好みの柄やサイズで作れますので、是非どうぶつと人とお揃いのカイロを作ってみてください!

材料:

布(約30cm×36cm程度)、小豆(200g)

今回はオーガニックコットンを使ってハガキサイズのカイロを作りました

 

 

作り方:

⒈布の裏側に作りたい大きさの倍のサイズに線を引き、縫いしろ分として約1cm大きく切ります。

⒉布を中表に半分に折り、小豆の入れ口になる2~3cm分を残して周囲をミシンで縫います(または返し縫いで手縫いでもOK)。

⒊小豆の入れ口部分から布をひっくり返して小豆をつめ、口を縫い閉じたら完成です。

よごれ防止にカバーを作るとより良いかな、と思います。

 

使い方:

今回作ったハガキサイズ(小豆200g)なら、電子レンジで500W・1分温めるのが目安です。(小豆の量やレンジの種類によって適正加熱時間が異なりますので、まずは短時間から調整なさってください。)

直接当てても熱くはありませんが、カバーを掛けたり布で巻いたりお布団の下に置いたりなど、お好みでお使いください。長時間持続するものではありませんが、何度でも繰り返し使えます。どうぶつなら主に腰を、人は頚・腰・お腹などが保温ポイントです。

 

 

〈ペットの東洋医学診療は京都 長岡京・華葉どうぶつ病院までご相談ください〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ