お知らせ

「おおきなかぶ」

2018.02.26

絵本「おおきなかぶ」をご存知ですか。
ロシアの民話が元になっていて、『おじいさんが丹精込めて作った蕪が大きく育ち、いざ収穫しようとすると大きすぎて抜けません。そこでおばあさんを呼んで来ますがそれでも抜けず、孫娘が呼ばれ犬も猫も呼ばれ…最後はねずみが加わって、ようやく抜けました!』というお話しです。“猫がねずみを連れてくる”というシチュエーションや“ねずみが加わると抜ける”というオチが好きでした。

 

最近、「あとちょっとの力」を大切にしていきたいな…と感じる事があり、このお話しを思い出しました。

手術や注射やお薬だけでなく、食べ物や日常のスキンシップ、「少しでも機嫌良く過ごして欲しい」と想う気持ち…等々、どの力が大きくてどの力は小さいとかではなく、色んな力が同じ方に向かって協力して引っ張ってこその治療だなと感じています。そうして力を合わせれば、嬉しい結果が出てくるものですね。

 

ちなみに蕪は、体を温めるけれど“のぼせ”も抑え、解毒に消化促進そして咳止めも、と優秀な薬膳食材です。暦の上では春でも実際はまだまだ寒い今頃にもおすすめの食材です。ドライフードがメインの場合は、いつものゴハンにちょっと「蕪おろし」をトッピング、でお試しください。

 

〈ペットの東洋医学診療は京都 長岡京・華葉どうぶつ病院までご相談ください〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ