お知らせ

推拿(すいな)

2016.09.30

先日、日本獣医中医薬学院の推拿研究科を卒業しました。

「推拿」とは、簡単に表現すると”マッサージ”で、どちらかというと「鍼灸治療の補足」というイメージのものですが、最近、その良さを実感しています。

我が家には糖尿病を持つ猫が居て以前から鍼灸治療をしていますが、18歳半になったここ最近、鍼灸治療より推拿の方が気分が良さそうなのです。人間では90歳に相当する彼女にとっては、軽い処方でも鍼灸処置は刺激が大きいのかもしれませんし、推拿だけで十分なのだと思います。推拿手技では体にしっかり触れるので、凝っているところ、痛いところ、気持ちいいところ等々体の状態がダイレクトに分かりやすく、さらに、スキンシップ効果で信頼関係も増すという特典もあります。

 

…とはいえ「獣医推拿整体師」という肩書きはつきましたが、みんなに気持ち良く治療を受けてもらうため、まだまだ修行途中です。

img_1553我が家の猫(イオ・18.5歳)

先日久々に採ってきた猫じゃらしに興奮し、若々しい表情になりました。飛びつこうとしてふらつきましたが…(ー ー;)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ