お知らせ

東洋医学が得意なもの

2016.07.31

東洋医学と西洋医学の違いに、「病気の基準」があります。

西洋医学では主に、検査等で数値化して「病気か健康か」を線引きし、「異常値(病気)」なら治療をします。

ただ、実際には西洋的な「YesかNoか」で区切れないグレーゾーンが存在していて、東洋医学ではこれを「未病(みびょう:未だ病まず)」と言います。そして、病気未満のこの時点で、崩れかけた身体のバランスを整えて健康な状態に戻すのが、東洋医学の得意な「未病治」です。

動物たちは言葉を話さないので、目立った症状が出ない場合は未病状態に気づきにくいかも知れませんが、例えば“年のせいかなー”で済ませてしまうような症状も、鍼灸治療で解決して快適な生活が送れるようになるかも知れません。

どんな些細な症状であっても、いつも一緒に生活しているご家族が気になるようなことがあれば、東洋医学治療を考えてみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

はじめての方へ 当動物病院への診療について

京都府長岡京市を拠点にした東洋医学専門の動物病院です。
往診治療を基本としています。ご希望により来院治療も可能です。
往診、来院どちらも完全予約制となっておりますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。診療時間、診療日についてはカレンダーをご確認ください。
また診療内容や、症状へのご相談もお気軽にご連絡ください。

診療時間カレンダー

ページの先頭へ